記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ニンテンドースイッチでのバーチャルコンソール、そして拡張コントローラの可能性(後編)

こんばんは。雑瓶です。中編では任天堂の据え置き機のバーチャルコンソールがスイッチで出るとすればどうなるのかを考えました。後編では携帯機についても考えた後、拡張コントローラはどうなるのか、考えてみます。
まずは前回と同じニンテンドースイッチのコントローラの表を載せておきます。



形態左側入力上側入力右側入力補助その他
ジョイコン2つ
携帯モード
プロコン
アナログスティック
スティック押し込み
方向ボタン※
L,R
ZL,ZR
アナログスティック
スティック押し込み
A,B,X,Y
+ボタン,-ボタン携帯モード時にタッチ操作
加速度センサー(L/R)
ジャイロセンサー
Joy-Con横持ちアナログスティックSL,SR方向ボタンorA,B,X,YJoy-Con(L)に+ボタン
Joy-Con(R)に-ボタン
加速度センサー
ジャイロセンサー

※:プロコンは方向ボタンではなく十字ボタン

携帯機編
1.ゲームボーイ/ゲームボーイカラー

左側入力上側入力右側入力補助その他
十字ボタンなしA,BSTART,SELECTなし

プロコン、携帯モード、Joy-Con2個持ち:○
Joy-Con横持ち:○
大きく違うところ:十字ボタンとアナログスティック・方向ボタン、START、SELECT
これは据え置き機編において考えたことと同じ為省略します。

2.バーチャルボーイ

左側入力上側入力右側入力補助その他
十字ボタンL,RA,BSTART,SELECT立体視

プロコン、携帯モード、Joy-Con2個持ち:○
Joy-Con横持ち:△
大きく違うところ:十字ボタンとアナログスティック・方向ボタン、START、SELECT、立体視
珍しく右側にも十字ボタンがあります。これによってJoy-Con横持ちでは操作が厳しいソフトが出てきます。
またバーチャルボーイといえば立体視ですが、御存知の通りニンテンドースイッチの画面には裸眼立体視の機能はありません。つまり、メガネやVRゴーグルのようなアタッチメントを発売してそれに対応するよう開発しないと立体視を楽しめないのです。よって現状のスイッチに出るとすれば2Dで楽しむことになります。将来的にスイッチ本体をゴーグルのようにして視覚のVR体験を可能にすることはあり得るかもしれませんが、少なくともそれはバーチャルボーイVCのためではないでしょうし、そもそもソフト数がかなり少ないバーチャルボーイのためのエミュレータを開発するとは考えにくいです。リメイクや新作への何らかな形での収録を願うほうが良いでしょう。

3.ゲームボーイアドバンス

左側入力上側入力右側入力補助その他
十字ボタンL,RA,BSTART,SELECTなし

プロコン、携帯モード、Joy-Con2個持ち:○
Joy-Con横持ち:○
大きく違うところ:十字ボタンとアナログスティック・方向ボタン、START、SELECT
これについても新しく考えるべき点はないため省略します。

4.ニンテンドーDS


機種左側入力上側入力右側入力補助その他
ニンテンドーDS十字ボタンL,RA,B,X,YSTART,SELECT二画面
タッチ操作
マイク
ニンテンドーDSi十字ボタンL,RA,B,X,YSTART,SELECT二画面
タッチ操作

マイク
カメラ(内側、外側)

携帯モード:○~△
Joy-Con2個持ち、Joy-Con横持ち、プロコン:▲
大きく違うところ:十字ボタンとアナログスティック・方向ボタン、START、SELECT、二画面
このハードではタッチ操作を使うソフトが数多く発売されました。その中にはボタン操作だけでは完結できず、タッチ操作も必須となっているソフトが数多くあります。このことから、携帯モード以外ではプレイできる操作方法が限られることになります。
またスイッチにはマイクやカメラが付いていないため、マイク入力が必要なソフトは第要操作を入れることが必須になります。カメラについてはニンテンドーDSで動作している設定なら大丈夫ですが、DSi専用ソフトの一部はこれがネックになるでしょう。
WiiUは2画面であったためにテレビに上画面、ゲームパッドに下画面を表示させる設定がありましたが、スイッチではそれができません。そこで他のレイアウトを使用することになります。
DSの画面一つの画素数は256*192、ニンテンドースイッチの画素数は1280*720なので、上/下画面重視レイアウト、NintendoDSレイアウトを十分にドットバイドット(or整数倍)で表示することができます。この点については問題ないでしょう。

5.ニンテンドー3DS


機種左側入力上側入力右側入力補助その他
ニンテンドー3DSスライドパッド
十字ボタン
L,RA,B,X,YSTART,SELECT二画面
タッチ操作
マイク
カメラ(内側)
3Dカメラ(外側)
加速度/ジャイロセンサー
立体視
Newニンテンドー3DSスライドパッド
十字ボタン
L,R
ZL,ZR
Cスティック
A,B,X,Y
START,SELECT二画面
タッチ操作
マイク
カメラ(内側)
3Dカメラ(外側)
加速度/ジャイロセンサー
立体視

携帯モード:○~△
Joy-Con2個持ち、Joy-Con横持ち、プロコン:▲
大きく違うところ:十字ボタンと方向ボタン、START、SELECT、二画面、立体視、カメラ、マイク
表にしてみるとものすごく多彩な入力ができるハードですね。基本的にはDS、VB、据え置き機の項で考えたことのため割愛します。
3DSの画素数は上画面が400*240(厳密には800*240だが立体視不能のためニンテンドー2DSの数字を用いる)、下画面が320*240です。これもどちらかを倍の大きさにする上/下画面重視レイアウトにしてもスイッチの画面に収まりますし、縦に並べても収まります。

拡張コントローラの可能性
ここまで並べてみると、十字ボタンのことが大きいものの、それを許容できれば一部のハードを除いてスイッチで操作することが十分可能になりそうです。
それでは、難のあるハードのソフトをプレイできるようにするために、またより快適にプレイできるようにするためにどのような周辺機器があり得るのでしょうか。

1.十字ボタンのあるJoy-Con
期待度:10%
個人的には現実的じゃないなあ…と思っています。ニンテンドースイッチに最初からついているJoy-Conは、2つを使って通常のコントローラやWiiのリモコン+ヌンチャクのように使うことと、おすそわけプレイを両立できるように設計されていると思います。これがもし左のJoy-Conの方向ボタンが十字ボタンだとしたらどうなるでしょうか。そう、おすそわけプレイが不可能になります。AとY、BとXの同時押しができないと考えると、通常のコントローラのように使うことは難しいと言っていいでしょう。
逆にアナログスティックを十字ボタンにするとどうなるか。結果も逆で、一人でのプレイが難しくなります。左のJoy-Conには十字ボタンと方向ボタンが存在し、右のJoy-Conからはアナログスティックが消えます。スティックを一切使わないソフトしかプレイできなくなるのです。
こう考えると、十字ボタンを採用すると現在のJoy-Conの汎用性が崩れてしまうことがわかります。なのでもし十字ボタンが使えるコントローラが出るとすれば、それはプロコンか、Joy-Conの強みをバッサリと切った複数人プレイ専用のコントローラ、もしくはWiiの拡張コントローラを無線接続することができるようになるアタッチメントではないかと思います。
ではスティックも十字ボタンも4つのボタンもあるJoy-Conは?と思う人も入れませんが、どういう配置にしてもJoy-Conの今の大きさでは厳しく、操作もしにくいのでは?と思います。左のJoy-Conのスティックの上、右のJoy-Conのスティックの下に十字ボタンを置けば64に近い配置となって可能性はなくはないかもしれませんが、やはりもっと大きなJoy-Conとそれに合う本体が出た場合ならありえるかもしれない、という程度です。私はそれもどうなのかなあ…と思います…

2.ZL,ZRがアナログ入力可能になったJoy-Con
期待度:30%
これについても微妙だなあ…と思います。いままで上側入力にアナログ入力可能なボタンがあったハードはゲームキューブとWiiのみであり、WiiについてはクラシックコントローラProで廃止されるなど、ほとんど対応ソフトがなかった印象です。わざわざアナログ入力を可能にしても、ゲームキューブとWiiのごく一部のソフトにしか生かせないコントローラを出すのかなあ…と思っています。
そもそもバーチャルコンソールのためだけに新しい仕様のコントローラを作るか?っていうのも疑問点。
ただしインタビューにて言及されている部分もあるので、この辺の疑問は気にしてないのかもしれませんね。
ついでに言及しておくと、WiiUにはゲームキューブコントローラが接続できるようになるタップがあります。ニンテンドースイッチにもUSB差込口があるため、使用できるようになる気がしますが、これではTVモードのときにしか使えません。絶対使用できないとは言い切れませんが、せっかくのスイッチの特性を生かせない形でしかプレイできない状態で使えるようにするかは疑問です。逆に、アナログ入力できるJoy-Con発売以後ならこれが使えるようになることも十分期待できると思います。

3.スイッチを縦画面にしてジョイコンを取り付けられるスタンド+タッチペン
期待度:20%
イメージとしては2DSに近い形にするということですね。これによりDSや3DSのバーチャルコンソールが出た場合により無駄なく画面を使え、なおかつ縦シューティングのような画面構成のゲームでも広く画面を使うことができます
しかし本体を見れば分かる通り、上にはボリュームや電源ボタン、排気口、イヤホンジャックがあります。本体を90度左に回転させてジョイコンを接続すると仮定すると、イヤホンジャックと排気口は塞がずに済みますが電源ボタンとボリュームは隠れてしまいます。下にあるUSB差込口もぎりぎり隠れるか隠れないかくらいのため、ここに端子を挿して別にボタンを用意することも考えられなくはないですが…
というわけで個人的には出てほしいなあとは思うものの期待はできないなあ、という印象です。

追記(2017/5/12)
4.方向ボタンにかぶせて十字ボタンのようにするカバー
期待度:40%
これはジョイコン2つで操作する際に、方向ボタンを十字ボタンのように操作できるようにするものというイメージです。新型のJoy-Conを作るより低価格で、操作性の向上が見込めます。
しかしそれでもあまり期待度が高くないのには2つの理由があります。一つ目はおすそわけプレイには意味が無いということ。二つ目は真の意味で必須ではないということです。
おすそわけプレイ時にはアナログスティックが十字ボタンの代わりになるため、方向ボタンは4ボタンとしての役割を果たさなければなりません。よって一人でプレイするときのみのアイテムということになります。
もう一つの「必須ではない」とは、つまるところ「方向ボタンのままでは操作が不可能なわけではない」ということです。確かに何度も言った通り十字ボタンとの違いはそこまで小さいものではありません。しかし、マリオサンシャインの放水の調整ができなくなることとは違い、少々勝手は悪いものの、方向を入力するボタンとして十分に役割を担えます。
ボタンカバーやスティック、スライドパッドのカバーは今までも発売されていますから、それのラインナップの一つとして期待できなくはないでしょう、といったところです。


改めて見ると難しそう、というものばかりですね。それほど私は今のJoy-Conの狙いとデザインはカチッとハマっていると思います。ですがそれではいつまでたっても再びプレイすることができないソフトが多くあり続けることも事実。今後、おすそわけプレイと一人でのプレイの両立を捨てたコントローラが絶対出ないとは言い切れませんし、追加された用途を使うソフトが限られるコントローラも出ないとは限りません。本音を言えば私も今まで遊んできたゲームを全てスイッチで遊べるようになって欲しいと思っています!
より良いプレイ体験ができるようなことがあるといいですね。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。